ハワイの地震リスクについて

火山列島のハワイ諸島

ハワイ島には、マウナケア火山とマウナロア火山、キラウエア火山など現在も活発に活動を続ける火山があります。世界的に見ても有数の火山の島と言えます。
a58cd58f414920715d01d516a550a0e2_m

そんなハワイ島には、火山性地震があります。身体に感じないものは沢山ありますが実は有感地震というものは少なく、最近では、2006年に23年振りにマグニチュード6.7の地震がありました。日本はプレートの沈み込みによる地震が多いですが、ハワイは火山性の地震がメインという事になります。そして、ハワイで過去最大の地震というと1975年のマグニチュード7.2で、この事から日本に比べると圧倒的に災害リスクが少ないと言えます。
th_pose_22_mika

オアフ島の地震リスク

th_dd1ab8a69cb5fda9c5939dfceda6bf12_m

人気のオアフ島は、身体に感じる地震はもっと少なく、2006年の地震でも、身体に感じる揺れはあったものの、それによる発電所の運転停止による停電トラブルの方が大ニュースになった位です。

地震リスクが少ないのは安心ですね。

避難先としてのハワイ

日本では地震リスクは非常に高く、関東地方で30年以内に大地震が起こる確率は70%とも言われます。
th_359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_m

もうこれは起こることは確実です。。。と言っている様なものですが、いつ起こるのでしょうか・・わかりません。
th_1096d4e99c2b7be9b4a26226fe80ba73_s

また、地震以外でも、台風、原発、など多くの「災害リスク」を持つのが日本です。
そんな事もあり、オアフ島が、ご家族、お子様、お孫さんの「万が一の避難先」としてニーズが高いのもうなずけます。

関連記事一覧