ハワイ不動産の目的別物件事例|2000万円台からのハワイ不動産投資

目的とご予算で狙うべきエリアと物件が異なります



アロハ!

ハワイ不動産を探す場合にはまずは、物件情報の収集!!

と行きたいところですが、おすすめは、目的とご予算の整理をまずはおすすめ致します。

理由としては

別荘(自己使用)使用なのか? 収益物件(賃貸事業)として所有するのか? 日本での税効果を享受したいのか?
また、年間のご使用の日数が1週間程度なのか? 1ヶ月なのか? ESTAで滞在できる目一杯ハワイで過ごしたいのか?
そして、使っていないその間は人に貸すことを考えているのか? 
貸したい期間、使いたい期間に応じても、エリア選定が重要になります。

そして、ご予算については、キャッシュ購入なのか? ローンのご利用するのか? それはハワイの金融機関なのか? 日本なのか?

など、物件情報の収集の前に、実は、決めておくべき事柄が沢山あります。
これを決めていないと・・・

投資の効果として想定していた結果が得られない事もあります。

こうした事前の整理については、ハワイ不動産セミナーや、個別相談などを通じて効率的に情報収集するのがおすすめです。

ハワイ不動産セミナー情報

最新の開催情報はこちらをご覧下さい。
https://family-hawaii.net/seminartop/

ファミリーハワイリアルティのセミナーは特定の物件をおすすめするというスタイルではなく
お客様のお考えの整理のお手伝いをしつつ、ハワイ不動産取引事例の注意点や進め方など
基本的な情報整理に非常に役立てて頂ける構成になっております。

具体的に情報を知りたい場合は、個別相談にてご対応しております。

ハワイ不動産物件事例

とはいえどんな物件があるのか知りたいという方向けに、ざっと物件事例をご紹介します。

まずは、最初の投資として、2000万円台からのハワイ不動産投資事例から見てみましょう。
当ブログではこれまで2000万円台の物件と言えば・・・そう、何度もご紹介しているアラモアナホテル有名ですね。

アラモアナホテルと言えば、ホテル運営はアラモアナホテルBYマントラグループが行う、いわゆる「ホテルコンドミニアム」と言われるカテゴリの物件です。

<ホテルコンドミニアムの弱点!?>
ホテルコンドミニアムは賃貸運営はホテルマネジメント行い、短期賃貸を中心として運営する事で、管理の手間を省き、さらに旅行者に人気の高い場所であれば、安定運用する事が出来きる為に初めてのハワイ不動産投資をされる方には人気がございます。

こうしたホテルコンドミニアムを投資として見た場合、稼働率の増減リスクはありますが、よっぽどホテルブランドが無く、マネジメント会社がマーケティングに失敗しない限り、1ヶ月も空いてしまう様な空室リスクは無いのが利点です。

しかし、居住用の物件ではない場合、ホテルの実際のネット収入の状況を見て物件の価格相場が形成されます。
トランプタワーワイキキの様に、収入は高くても経費も高いようなブランドホテルコンドの場合は、収支が年々右上がりに良くなるとは限らない為、周辺のコンドミニアムの不動産相場は上がっている局面でもそれに釣られて上がらない・・という例もあります。これはリッツカールトンレジデンスなどにも言えそうです。

いわゆるキャピタルゲイン狙いの方は、その「期待」とは異なる結果になるかも知れません。

一方、居住用のコンドミニアムは、自己の「住まい」として購入の需要が高ければ、需要と供給のバランスによって「価格上昇」が起こりやすいとも言えます。

居住用の物件をチェック!

ワイキキで居住用・賃貸用の物件は沢山あります。
色々迷ってしまう位あると思われますが、管理状態や、賃貸運営のしやすさ、流動性の高さなど考えると、選択肢は絞られて来ます。

いくつか事例をみてみましょう。

アイランドコロニー


まずは、定番中の定番と言っても過言ではないのが、このアイランドコロニーという物件です。
人気の理由は、ワイキキの中心地から数分という立地です。
ワイキキで遊んですぐに帰れる場所というのはやはり便利と言えましょう。

物件一覧はこちら

これに加えて、共有施設も充実してる点が挙げられます。
プール・フィットネス・バーベキュー・コンビニ・軽いカフェ・ランドリーなども棟内にあるので、とにかく便利。






【アイランドコロニー関連記事】
長期滞在の定番人気!アイランドコロニー|ワイキキコンドミニアム
アイランドコロニーの賃貸相場を調べる|2018年1月版|ワイキキ中古コンド

ハワイアンモナーク






ハワイアンモナークはワイキキの西側の喧噪から離れたロケーションです。近くにセブンイレブンやバス停、公園、アラワイ運河などもありますので、アクティブに動きたい方などはこのエリアも良いと思います。ワイキキから離れていると、渋滞などに巻き込まれるのも避けられるので、滞在先としては良いロケーションと言えます。

物件一覧はこちら

共有施設はそれなりに充実しており、過不足無いと言った所。
建物には、カフェの他、夜賑やかになるお店が複数入っているので、夜遅くても人の出入りがあるので、静かとは言いがたいですが、活気はあると言えます。

ハワイアンモナークは、このロケーションと、共有施設にも関わらず、管理費が安いという魅力があります。
管理費=固定維持費ですので、固定費が安い分は収益性も高くなりやすいので、投資という面では魅力あるコンドミニアムと言えます。

【ハワイアンモナーク関連記事】
ハワイアンモナーク宿泊レポート
ハワイアンモナーク1BEDを検証する|ファミリーハワイリアルティ的物件考察
ハワイアンモナーク1BEDを検証する〜その2〜|ファミリーハワイリアルティ的物件考察
ハワイアンモナーク1BEDを検証する〜その3〜|ファミリーハワイリアルティ的物件考察
ハワイアンモナークの賃料相場を調べる|2018年2月版|ワイキキ中古コンド

予算が変わると選択肢も広がりますが

予算を増やせば良い物件に出会えるのは、ハワイだけの話ではございません。

しかし・・・良い物件とは一体なんでしょう?

私は、お客様それぞれのハワイライフのイメージにマッチする物件、投資効果を得られる物件と定義してます。
それは予算オーバーでも駄目ですし、予算目一杯投資したから得られるという事でもありません。

あくまでも、目的に対する効果の最大化の実現が結果的にリスクも少なく、ハワイライフ実現にもっとも近い方法だと思っています。

例えば

【コンサルティング事例】
ご予算は最大で80万ドル。仕事の関係で、自己使用は年間1〜2回程度で、1回の滞在で1週間程度というケース。
いつかは長期滞在したいというニーズを持っていました。
当初は、1ベッド〜2ベッドを狙って探し始めましたが、ご予算と部屋の広さがマッチせず、また、維持費や賃貸の貸しやすさなど考えると、リスクも高く、イメージ通りの運用が出来ないお悩みがありました。当社に来てお話をお聞きし出した答えが、最初は資産分散と安定的な収益を得つつ、得られた収益で、好きなホテルを利用しながらハワイを愉しみ、日本での生活が変わるタイミングで売却して、理想の別荘取得。という考えに変わりました。購入された物件は、20万ドル台の貸しやすいワイキキのスタジオユニットを2つ購入されてリスク分散もされてます。

<ポイント>
・複数購入する為に、リスク分散しやすい(空室リスク等)
・当初予算に比べて投資額を抑えられ投資リスクの一部を軽減出来た
・貸しやすいスタジオユニット
・売却の事を考えると売りやすい価格帯
・たまたま空いていたら自分でも使ってみる

このケースは、一例です。
お客様によっては、また違う結果にもなると思います。

アラモアナ・カカアコエリアでの投資例

ワイキキからは空港よりのエリアですが、現在、新築分譲が多いエリア「カカアコ」になると、「居住用」物件が中心になりますので、人気の物件であれば底堅い資産性と、再開発が進むことで将来性にも期待を持てます。

カカアコエリアでまずは押さえておくべき物件は「新築物件」です。いくつかのデベロッパーが分譲を行っておりますが、中でも注目は「ワードビレッジプロジェクト」です










将来性という軸で、将来の自己使用などを想定している人には、ハワイの不動産マーケットの動きを見て

「今」「良い物を所有しておきたい」

というニーズにマッチしているのがこの新築コンドミニアムの選択です。
今後、まだまだ、開発が進んでまいりますので、これからハワイ不動産投資を考えている方は押さえておくべきプロジェクトの一つになります。


※販売中の物件がある場合物件例が表示されます。
(情報元:Hicentral MLSより 本日現在)

アラモアナ・カカアコエリアは豊富な選択肢





アラモアナからカカアコエリアは、コンセプトの異なる、新築・築浅物件が多くございますので、すぐに使える、長期滞在用の別荘として、探すには色々選べるエリアと言えます。
ワイキキと異なる、雰囲気、物件がありますので、視察するだけでも非常に楽しいエリアです。

特にカカアコエリアは、開発が進んでいる街ですので、これから良くなるエリアと考えると投資として考えると魅力的でもあります。


アラモアナ・カカアコエリアの代表的な物件



写真は、2019年に竣工したばかりの、ワードビレッジアエオです。
ホールフーズマーケットとの商業複合コンドミニアムです。ホールフーズマーケットと言ったら、オーガニックスーパーの代表的なお店ですね!
目移りする品揃えは、まるでテーマパークの様です!








おすすめの物件は沢山ありますが、一部をご紹介します。
パークレーンアラモアナ|アラモアナセンター隣接した最高級レジデンス!最高の物を所有しておきたいという人は必見





▲写真はパークレーンアラモアナ
ワイエア|ワードビレッジ内のオーシャンフロントロケーション!これまでのハワイでは無かった最高レベルのコンド
アナハ|共有施設のレベルがオアフ島でも随一のクオリティを誇る高級レジデンス
ホクア|全室オーシャンビューの高級レジデンス!ビュー重視なら必見です
ワンアラモアナ|アラモアナセンター隣接の高級レジデンス!利便性とラグジュアリーを重視される方には是非
ワイホヌア|築浅高級コンドミニアム ロケーションとラグジュアリーなどバランスを取りたい方向き
ナウルタワー|特徴的なデザインのオーシャンフロント物件・眺望と価格バランスを考えると必見
コオラニ|有名フィットネスの入る高級コンドミニアム・ラグジュアリーと価格バランス型の高級築浅コンドミニアム

どの物件も魅力的な物件です。
比較の為にも、是非ハワイ渡航時にご覧になってみませんか? 

※販売中の物件がある場合物件例が表示されます。
(情報元:Hicentral MLSより 本日現在)

ワイキキの築浅コンドミニアム事例



ワイキキの中心地は、古くからの街なので、新しい物件には限りがあります。その一例をご紹介。

※販売中の物件がある場合物件例が表示されます。
(情報元:Hicentral MLSより 本日現在)

ラニケアアットワイキキ|ワイキキ中心地寄りの築浅高級コンドミニアム
アルーアワイキキ|ワイキキ西エリアの築浅高級コンドミニアム
ウォーターマーク|リゾート感溢れる高級コンドミニアム
ロフトアットワイキキ|ワイキキで珍しい低層築浅コンドミニアム

賃貸併用運用がやりやすいホテルコンドミニアム

1年で数日しか使わない様な方でも、

・ハワイに別荘を持っていたい
・維持費は極力掛けたくない
・いつ行ってもお部屋は綺麗
・賃貸収入を得たいが長期の空室は避けたい

というニーズの方には、ホテルコンドミニアムという物件種別が合っているかも知れません。

【関連記事】
リスクを極力回避したい方が選ぶコンドミニアムとは?

ホテルコンドミニアムとは、所有しているお部屋をホテルマネジメント会社に貸し出して賃貸運用をする方法です。
ワイキキの様なリゾート地ならではの物件管理スタイルと言えます。

ホテルマネジメント会社によって集客力や経費の掛かり方が異なりますので、事前にしっかり情報収集をしましょう。
コンドミニアム毎、お部屋タイプ毎に収益傾向が異なりますので、お気軽にお尋ね下さい。

リッツカールトンレジデンスワイキキ|ついに全棟完成!ワイキキの5つ星ラグジュアリーコンドミニアム
トランプタワーワイキキ|ワイキキの一等地に建つラグジュアリーホテルを別荘として所有!
アラモアナホテルコンド|初めての投資にも適した価格帯が魅力の物件
パシフィックモナーク|ワイキキど真ん中!ワイキキを愉しみ尽くすロケーションが魅力

やっぱり眺望重視!




別荘の方には、「眺望」というニーズを強くお持ちの方が多いかも知れません。
長期滞在する際の窓の外の風景は大事ですね。

イリカイ
ダイヤモンドヘッドビスタ
イリカイマリーナ
ヨットハーバータワーズ

利便性ロケーション重視

「利便性」と一言で言っても、人によっては感じる利便性は異なるかも知れません。

・買い物便
・海までのアクセス
・交通便
・通勤通学

皆様はどんな利便性を重視されますか?

ロヤルクヒオ|DFSからもすぐ近くのクヒオ通りに面したロケーションです。
ハワイキタワー|海すぐ!目の前がアラモアナセンター!という好ロケーション

税対策としてのハワイ不動産






税対策とハワイと一見すると、関連が無いように思えますが、実は密接に関係があり、目的を税対策として、ハワイの物件を探し始めたという方も少なくありません。

ハワイで不動産事業を行ったら、事業損益が赤字になりやすい傾向があります。
この特性を使った税対策が日本人の高所得者には実は有効です。

ここでは詳細の説明は省きますが、ご興味のある方は、勉強会を随時開催しておりますので、ご参加頂ければと存じます。

【関連記事】
ハワイ不動産で「節税と別荘」を両立出来る物件|リージェンシーオンビーチウォーク
ハワイ不動産で減価償却による節税|法人の場合でも有効か?
ハワイで減価償却による節税スキームはまだ有効か?
ハワイ不動産で節税!建物比率はどの位?

税対策が目的としても、その効果の受られ方は人それぞれです。
そして、エリアや物件によっても、「リスク」は異なるのです。

さらに、折角ハワイに不動産を持つなら自分でも使いたい!当然、税効果も得たい! という要望もあるでしょう。

いずれにせよ、目的と効果、予算はそれぞれ異なります。
私たちのコンサルティングサービスご活用頂き、是非、素敵なハワイライフ実現して頂きたいと存じます。

マハロ!!

物件情報元:Hicentral MLS 物件は成約となっている場合がございます。

最新ハワイ不動産の検索なら!

希望条件を入力して最新ハワイ不動産をカンタン検索! ホノルル不動産協会のデータベースとリアルタイムでリンクした最新情報を完全網羅!
https://family-hawaii.net/

人気コンドミニアムワンクリック検索

人気物件を一覧からカンタン検索!
https://family-hawaii.net/mlssrh/?MLSCate=favcond

物件のお問い合わせは

ファミリーハワイリアルティ 東京オフィス セールスマーケティング 新井 ハワイオフィス 大久保
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 11F
TEL:0120-268-288
様々なマーケティングデータに基づく情報提供が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせはこちら https://family-hawaii.net/contact/?E=S

個別相談会も随時開催中

http://family-hawaii.net/seminartop/

関連記事一覧