【ハワイ不動産】ワイキキコンドミニアムの価格推移

過去3年の動向を検証




世界中の旅行者が愛してやまないリゾート地、ハワイ。その中でも人気の中心はワイキキです。

食事・買い物・海・・・この狭いエリアに何でもあるのが魅力。


そんなワイキキの不動産事情を記事にしてみます。

ワイキキコンドミニアム2018年の価格推移

比較する価格は、市場における中間価格を用いて行いましょう。

データ元:Hicentral MLSより
スタジオ(ワンルーム)
Jan $295,000
Feb $290,000
Mar $230,000
Apr $278,000
May $335,000 

1月から5月までの価格変動率 +13.5%

1BED(1LDK)
Jan $447,500
Feb $393,500
Mar $450,000
Apr $387,500
May $517,500

1月から5月までの価格変動率 +15.6%

2BED(2LDK)
Jan $525,000
Feb $720,000
Mar $609,000
Apr $574,000
May $707,500

1月から5月までの価格変動率 +34.7%

これだけ見ると今年に入っては、2BEDユニットの価格上昇が他のユニットに比べると高い事がわかります。

ワイキキコンドミニアム過去3年の価格推移

以下は、過去3年の中間価格の推移です。

スタジオ(ワンルーム)
2016 $220,000
2017 $236,500
2018 $275,000

過去3年の価格変動率 +25%

1BED
2016 $369,000
2017 $385,000
2018 $419,000

過去3年の価格変動率 13.5%

2BED
2016 $508,000
2017 $535,000
2018 $598,000

過去3年の価格変動率 17.7%

今年に入っての価格変動率と、過去3年の変動率には多少違いがありますね。
理由は、2BEDユニットの流通量は他に比べると少ないのでそういった面も反映しているかも知れませんが
これらのデータは多少補完して見ないとならないかも知れません。

スタジオユニットは、2016年には20万ドル台は結構あったのですが、2018年にもなると、20万ドル台で探すのも難しくなりました。
賃料はそれに見合うまで上がっていないので、収支的には随分厳しくなっていると言わざるを得ません。


また、オアフ島全体の価格変動率よりも、ワイキキは少し値上がり率的には大きくなってます。
ワイキキ中心に積極的に世界的な投資が集まっていると言えましょう。

これからスタジオユニット辺りに狙いをつけて賃貸運用を考えている方は、その物件選定には気をつけて頂きたいと思います。

オアフ島全体とワイキキの不動産マーケットも多少異なる動きをしておりますが、実は、物件毎にもその動きがまた異なる場合もございます。
より具体的な情報をお求めの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

最新ハワイ不動産の検索なら!

希望条件を入力して最新ハワイ不動産をカンタン検索! ホノルル不動産協会のデータベースとリアルタイムでリンクした最新情報を完全網羅!
https://family-hawaii.net/

物件のお問い合わせは

ファミリーハワイリアルティ 
東京オフィス セールスマーケティング 新井 
ハワイオフィス 大久保あきら・・ミエカン

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 11F
TEL:0120-268-288
様々なマーケティングデータに基づく情報提供が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせはこちら https://family-hawaii.net/contact/?E=S

個別相談会も随時開催中

http://family-hawaii.net/seminartop/

関連記事一覧