モロカイ島の不動産事情|ハワイ不動産マーケット情報

モロカイ島の不動産事情をチェック




普段はオアフ島の情報ばかりに触れてますが、視野が狭くなってはいけませんのでたまには、他のエリアもチェックしておきましょう。
という事で、本日は、お隣のモロカイ島についてチェックしてみます。

モロカイ島は、
ホノルルから飛行で約35分。直行便はありませんので、ホノルルで乗り換えになります。
ホノルル滞在でも気軽に日帰り旅行が出来そうですね。

© 2018 ハワイ州観光局より
https://www.gohawaii.jp/islands/molokai

はるか昔から変わらない、手つかずの自然と美しいビーチが広がるモロカイ島には、今も昔も変わらないゆったりとした時間が流れています。
ハワイで5番目の大きさのこの島は、全長61km、幅は広い所でもわずか16km。北東の海岸には高さ1,100~1,200mもの世界最大の岸壁があり、南部の沖合にはハワイ最長のサンゴ礁が約45kmに渡って広がります。カラウパパ国立歴史公園を目指し崖に沿ってハイキングしたり、ハワイ最大の砂浜パポハク・ビーチでのんびりしたり。また、サイクリングや4WDでのドライブなど、アウトドア・アドベンチャーを楽しめる島です。
モロカイ島はハワイ先住民の地をひく人々が多く住む島。大地への愛情「アロハ・アイナ」を持って古来からの生活を守り、ハワイの伝統文化が今でも息づいています。このアロハ・アイナは小さなカウナカカイの町から神聖なハラヴァ渓谷まで、島中で感じることができるでしょう。

行ったことありませんが、自然の宝庫と言える島ですね!
そんな中に一体どんな不動産があるのでしょうか・・・

検索条件としてはホノルル不動産協会のMLS(Hicentral MLS)に掲載されている情報をベースにしております。
※2018/11/25現在

特に条件を設定せずに、検索をしてみると、結果は50件。
島の大きさから考えれば妥当な感じなのでしょうか・・・ちょっとわかりませんね

まずは一番安い物件をチェックしてみましょう



物件詳細はこちら
https://family-hawaii.net/mlsdetail/?PID=201809649
※物件は成約となっている場合がございます、情報は2018/11/25現在

スペックをチェックしてみると

物件価格 $105,000 (約 ¥11,862,375*)
建物面積 348ft2 約32m2 約10坪
ラナイ面積 94ft2 約9m2 約3坪
竣工年 1978年
権利形態 所有権
管理費等 $460 (約 ¥51,969*) / 月額
管理費に含む物 電気,温水,その他の共益費,下水道,水道,協会費
固定資産税 $66 (約 ¥7,456*) / 月額換算
(建物比率 90.4%)

1sqft=$301(坪単価=118万円) 
ですので、ワイキキの半値以下という感じです。

築47年超、建物比率90%超ですので、いわゆる9年償却が可能な不動産事業に向いている物件とも言えますね。

高い物件はどうなのか?



データベースに掲載されている物件で高い物件は、249,000ドルですので、高いという印象はございません。
実際には高い物件もあるのでしょうか・・・

物件詳細ははこちら
https://family-hawaii.net/mlsdetail/?PID=201820146
※物件は成約になっている場合がございます。情報は2018/11/25現在。

物件種別は戸建てですね。
Land Sqft:349,264 ですので、32,481㎡となります。(sqft×0.093)

広い!



そして、海にも近そうですね!

物件のスペックは

物件価格 $249,000 (約 ¥28,130,775*)
間取り コンドミニアム / 1ベッド
建物面積 967ft2 約90m2 約27坪
ラナイ面積 451ft2 約42m2 約13坪
竣工年 1980年 (改修年 2016年)
権利形態 所有権
管理費等 $745 (約 ¥84,166*) / 月額
管理費に含む物 ケーブルテレビ,下水道,水道
固定資産税 $178 (約 ¥20,165*) / 月額換算
(建物比率 94.5%)

建物比率が高く、木造住宅ですので、不動産事業をすると4年で償却が出来るのも魅力です。
管理費が745ドルするので、維持費が少し気になりますね。

過去データをチェック

過去10年の成約価格の中間価格のグラフです
*Hicentral MLSより


リーマンショック前は、中間価格は30万ドル近くまで上昇していましたが、リーマンショック時に、50%以上もの不動産価格がダウンしました。
その後ようやく、2016年頃に、リーマンショック以前に戻った感じですね。

2008 $220,250
2009 $295,000
2010 データなし
2011 $127,500
2012 $210,000
2013 $217,900
2014 $123,000
2015 $155,000
2016 $225,000
2017 $220,000
2018 $224,950




やはり、オアフ島と違って、米国の景気変動の影響を受けやすく、戻りも遅いです。
さらに、ハワイ島、カウアイ島、マウイ島と違って、米国人の投資も少ないのか、価格も他島に比べると安い気がします。

投資として考えると、価格も上がってきているので、うまみは少ないのかも知れませんが
モロカイ島が大好きなら良いかも知れませんね。

ハワイ不動産検索アプリはこちらから

■iPhone  https://itunes.apple.com/jp/app/id1272182322
■Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appcapsule.ac3200286001

最新ハワイ不動産の検索なら!

希望条件を入力して最新ハワイ不動産をカンタン検索! ホノルル不動産協会のデータベースとリアルタイムでリンクした最新情報を完全網羅!
https://family-hawaii.net/

物件のお問い合わせは

ファミリーハワイリアルティ 
東京オフィス セールスマーケティング 新井 
ハワイオフィス 大久保あきら

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 11F
TEL:0120-268-288
様々なマーケティングデータに基づく情報提供が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせはこちら https://family-hawaii.net/contact/?E=S

個別相談会も随時開催中

https://family-hawaii.net/seminartop/#seminarbox-954

関連記事一覧