ハワイ島不動産投資ガイド|直行便復活で高まる注目度

ハワイ島(BigIsland)の最新不動産事情をお届け


ハワイへの不動産投資と言うと、オアフ島ばかりに注目が集まりがちですが、今回の記事の「ハワイ島」も実は注目(してほしい)の島なのです。
そんな、ハワイ島の最新不動産事情をお届け致します。

ハワイ島はハワイ諸島の中でも面積が一番大きい島で、今なお火山活動も活発で成長している島です。ハワイ火山国立公園から流れ出す溶岩マグマ、マウナケア山頂を覆う雪、ハマクア・コーストの緑豊かな熱帯雨林、プナルウ・ビーチの真っ黒な砂。ハワイ島と言えば自然豊かな島です。
ハワイ諸島のハワイ島以外を全部合わせた面積より2倍近い大きさで世界にある全気候帯17のうち2つ(サハラ気候・北極気候)を除く15の気候帯が、このハワイ島に存在します。 リゾートとしてみても、フアラライ、ワイコロアリゾートなど贅沢なリゾートや一流のゴルフ・コースから、ヒロ、ホノカアなど情緒あふれる素朴な町、神聖なハワイの史跡、カメハメハ大王の生誕地、古い歴史を持つカイルア・ビレッジ(カイルア・コナ)にあるハワイ最初の教会まで。見所ある観光スポットもたくさんあります。日本人の方にはヒルトンのタイムシェア、キングスランドがあるワイコロアリゾートが馴染み深いかも知れません。


何故、ハワイ島への不動産投資に注目すべきか?

ハワイ島への日本からの直行便が増えた

オアフ島経由で無く、直接、ハワイ島に行ける日本からの直行便が増えた事で、日本人観光客が増える事で、ハワイ島の魅力を感じる人が増え、「ハワイ島に別荘を持ちたい」という方が、きっと今よりも増える事でしょう。

ハワイ島直行便!JALが毎日運行開始!



JALの直行便は毎日、成田から、ハワイ島コナへ就航しています。

JL770 毎日 東京(成田) 21:25発 → コナ 10:15(10:05)着
JL779 毎日 コナ(ハワイ島) 12:15(12:05)発 → 東京(成田)16:00(翌日)着 

※当計画とスケジュールは関係当局への申請と認可を前提としております。
※スケジュールは2019年4月1日現在のものです。時刻は現地時間となります。
※スケジュールおよび使用機材は予告なしに変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

【JAL公式サイト】
https://www.jal.co.jp/inter/route/hawaii/styleyourself/

ハワイアンエアも続々拡大中!



ハワイアンエアラインはJALよりも充実しており、日本とハワイ島を結ぶ路線として、関西国際空港、千歳空港、羽田空港からも直行便が出ています。

そして、ハワイアンエアについては、ホノルル便が、福岡からの直行便新規就航が発表されて、日本からのハワイへの直行便が増える事は、私も大変嬉しく思います。

ハワイアン航空、福岡-ホノルル線の新規就航計画を決定

※ハワイアンエアニュースリリースより
引用元:https://www.hawaiianairlines.co.jp/press-releases/jp-2019-05-08-hawaiian-airlines-to-seek-new-fukuoka-honolulu-service

早ければ2019年11月に直行便の就航を計画
ハワイアン航空(本社:ホノルル 代表取締役社長兼CEO:ピーター・イングラム[Peter Ingram])は本日、関係当局の承認を条件に、早ければ2019年11月にも福岡とホノルルを結ぶ直行便路線を新たに就航する意向を発表しました。ハワイアン航空は、九州に位置する福岡空港(FUK)とオアフ島ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)を結ぶ直行便を週4便運航することを計画しています。

ハワイアン航空のグローバルセールス&アライアンス上級副社長テオ・パナジオトゥリアスは、以下のように述べています。 「福岡のみならず九州全土からのお客様を、ハワイのホスピタリティあふれるサービスと便利な直行便でハワイにお連れしたいと熱望しています。日本はハワイの人々やハワイにとって特別な場所であり、お客様が日本とハワイ双方から更にアクセスしやすくなることを楽しみにしています。」

ハワイアン航空の新たな運航案は、商業的に運航可能なスケジュールを実現する福岡空港の発着枠の確保が条件になります。また、日本および米国の政府機関による追加の承認も必要になります。

福岡県空港対策局 局長の橋本昌典氏は、以下のように述べています。 「ハワイアン航空の福岡-ホノルル線の就航計画決定を心から歓迎します。福岡県とハワイ州は1981年に姉妹提携を結び、観光や文化、経済など幅広い分野で交流を積み重ねてきました。ハワイアン航空の直行便就航により、5月以降の福岡からホノルルへの直行便運休は一時的なものとなり、福岡県とハワイ州との交流や海外渡航は影響なく継続されることと確信しています。地元からの要請に応えていただいた今回のハワイアン航空の就航計画決定を嬉しく思います。」

福岡県は、日本の主要4島のうち3番目に大きく最南端に位置する九州の総人口約1,300万人のうち、500万人以上が居住しています。1981年に、福岡県はその文化的、経済的つながりを背景に、ハワイ州初となる姉妹提携を締結しています。なお、ハワイアン航空は2012年4月より2014年6月の間、福岡-ホノルルを結ぶ直行便を運航していました。

この度新たに開設する福岡-ホノルル線は、ハワイの島々と東京(羽田・成田)、大阪、札幌を繋ぐ、ハワイアン航空の日本へのネットワークを拡大します。

福岡-ホノルル線には、広々として快適なエアバスA330型機を使用します。機内には、2-2-2の配置で、レザーを採用したフルフラットシートのプレミアムキャビン(ビジネスクラス)を18席ご用意し、カップルやご家族、ハネムーナーはもちろん、出張に向かうお客様にも機能性の高いフライトをご提供します。また、足元が広く、専用アメニティもご提供する「エクストラ・コンフォート」が68席、メインキャビン(エコノミークラス)が192席あります。いずれのクラスにおいても、ハワイを代表するトップシェフが監修するハワイをテーマにした機内食など、受賞歴もあるハワイアン航空ならではのおもてなしを体験いただけます。

https://www.hawaiianairlines.co.jp/

ハワイ島不動産の過去価格推移

まずは、ハワイ島の過去の不動産取引事例をご紹介します。リーマンショック後の平均価格の推移をグラフにしたものです。



情報元:Title Gauranty Escrow Service KONA

このデータを見る限りでは、コンドミニアムの平均価格は、リーマンショック前に戻りつつある状況にも見えます。
オアフ島と動きが異なる点は注目です。

【ハワイ島の3月度の成約中間価格は下落】
ハワイ島(ビッグアイランド)では、2019年3月のハワイ島の住宅販売数は前年同月比で販売数が大きく下落。
ハワイ島の3月の戸建住宅の中間価格は$383,880で前年同月の$382,500で横ばい、販売数は205戸で前年同月比で18%下落。コンドミニアムの中間価格は375,000ドルで前年同月の$410,000から8.54%下落、販売数は23戸で前年同月比で16.47%下落した
引用元:https://www.hawaiinisumu.com/news/576

金利上昇や米国経済の低調、米中摩擦などがあり、米国不動産マーケットの不調は、ハワイ島だけでなく、安定感で定評のあった、オアフ島の不動産マーケットも同じく下落傾向です。

ハワイエリアの不動産マーケット動向

【オアフ島の住宅販売、中間価格が下落傾向へ】
2019年5月、オアフ島で売買された住宅の中間価格が昨年同月比で下落傾向にあることを、ホノルル・ボード・オブ・リアルターズが発表した。2019年5月に成立した、一家族向けの中古物件の売買取引は、中間価格が$770,000となり、2018年5月の$778,000から1%ダウンした。
同じ期間の比較で、中古のコンドミニアムの売買価格は、$417,500となり、昨年の$430,000から2.9%下落した。
引用元:https://www.hawaiinisumu.com/news/701

これからの不動産マーケットの動きは、米国の経済の状況や、渡航客の状況などで、変わってくると思いますが、米国では金利の引き下げのニュースなども出ており、この先注目しておきたい所です。

ハワイ島の主要エリア

ハワイ島の不動産投資として候補となるのが、以下の3エリアです。まずは基本情報をチェックしましょう

ヒロ

ヒロは火山のあるコハラ・コーストとは正反対の地質で、ドラマティックな滝、豊かな熱帯雨林、花の咲き乱れる庭園が広がっています。ヒロ国際空港から南へ45分行けばハワイ火山国立公園です。贅沢な自然が広がるヒロ。かつて農業と漁業で栄えたこの地は、最新のイミロア天文学センターなど博物館や植物園、ハワイの有名店などもあります。のんびりとした雰囲気のある時間がゆっくりと流れていそうです。

ハワイ不動産投資的には、私にはおすすめポイントが見当たりません。。。

https://youtu.be/ENVyfGBnIgE

カルアコナ

コナ国際空港からケアラケクア湾の向こうまで、溶岩に覆われた西部海岸およそ96㎞に渡る広大なエリアで、コーヒー農園や史跡などがあります。
マウナロア山が風をさえぎり、海が穏やかなコナ南部はシュノーケリングやスキューバダイビングには絶好のスポット。涼しい内陸部の山の中腹ホルアロアでは、100%コナ・コーヒーの産地が広がります。コナ国際空港からも近く、ホテルも点在するリゾートエリアも近く、観光客も多く訪れます。

フアラライリゾート・ワイコロア・ワイコロアビレッジ

空港から15分〜20分北側に車を走らせると、最初に見えてくるリゾートエリアが、フアラライリゾートです。

フアラライリゾート・フォーシーズンズホテル公式
https://www.fourseasons.com/jp/hualalai/

フアラライリゾート内にある販売中の物件事例をご紹介します。

72-173 Kumukehu St UNIT H7200 96740


<物件詳細>※情報は2019/06/15現在
https://www.alohaliving.com/search/mls/625808

Price:$4,350,000
Bedrooms:3 Bathrooms:3.01
Interior Area:2,563 sqft
Year Built:1997
Fee Simple

ゴルフコースビューの素敵な物件ですね。

72-165 Kumukehu St UNIT H3101 96740



<物件詳細>※情報は2019/06/15現在
https://www.alohaliving.com/search/mls/617952

Price:$3,650,000
Bedrooms:3 Bathrooms:2.01
Interior Area:2,087 sqft
Year Built:1997
Fee Simple

4億円前後と言った感じでしょうか・・・フアラライリゾートは、ハワイ島のなかでも屈指のリゾートエリアで、ここだけは別世界の雰囲気を感じます。

一大リゾートエリアワイコロアリゾート

さて、そのフアラライリゾートから更に車で少し進むと見えてくるのが、ワイコロアリゾートです。
ワイコロアリゾートは、ヒルトンワイコロア、その規模が非常に大きいエリアです。

【ワイコロアリゾートの概要動画】
https://www.youtube.com/watch?v=1cvfkn9g5oA&amp=&feature=colike

69-1000 Kolea Kai Cir UNIT 2C 96738



<物件詳細>※情報は2019/06/15現在
https://www.alohaliving.com/search/mls/623597

Price:$1,999,000
Bedrooms:3 Bathrooms:3.01
Interior Area:2,147 sqft
Year Built:2003
Fee Simple

ワイコロアリゾート内もリゾート感満載で大変気持ちよさそうですね。
高級物件も多いのがハワイ島でもあります。

ハワイ島の50万ドル前後の物件事例

もう少し現実的な投資額の物件で何か良さそうなものがないか確認してみましょう




まずはワイコロアリゾートエリア内にもこの様な手頃な物件もありますね。

<物件詳細>※情報は2019/06/15現在
https://www.alohaliving.com/search/mls/625824

Price:$529,900
Bedrooms:2 Bathrooms:2
Interior Area:1,460 sqft
Year Built:2005
Fee Simple

続いて、カイルア・コナエリアにも素敵な物件がありました。






<物件詳細>※情報は2019/06/15現在
https://www.alohaliving.com/search/mls/629250

Price:$537,000
Bedrooms:2 Bathrooms:2
Interior Area:806 sqft
Year Built:1976
Fee Simple






https://www.alohaliving.com/search/mls/629741

Price:$479,000
Bedrooms:1 Bathrooms:1
Interior Area:576 sqft
Year Built:1972
Fee Simple

こちらもカイルアコナエリアの物件となりますが、なんとオーシャンフロントの物件です!
オアフ島でこのレベルの物件を購入するには、1億は超えるでしょう。それが半額位で買えるというのがハワイ島の魅力とも言えます。

※当記事の物件情報は https://www.alohaliving.com/search/mls/617952より引用
※物件情報は2019/06/14現在の情報です。
※物件は成約となっている場合がございます。
※購入には、諸経費が掛かります。物件所有時には、管理費等・固定資産税・保険・修繕費等が掛かる場合がございます。詳しくはお尋ね下さい。

ハワイ島での節税対策物件

海外不動産で所得税の節税対策を検討されている方で、ハワイでやりたいけど、オアフ島が高すぎる・・とお思いの方もいらっしゃると思います。
そんな方には、ハワイ島も候補に入れて見てはいかがでしょうか?

ハワイ島でも木造のタウンハウスはもちろんございます。
では、オアフ島とどう違うのでしょうか? 代表的な物件をご覧下さい。

【関連記事】
ハワイで節税!郊外木造タウンハウスを狙う!その主要エリア紹介
ハワイ木造タウンハウスガイド第1弾
ハワイ木造タウンハウスガイド第2弾

ワイコロアビレッジ

ハワイ島で不動産を所有して、賃貸事業を行う訳ですので、賃貸需要が安定的な場所が理想です。
オアフ島と異なり、島の広さが大きすぎる為に、エリア属性はかなり異なります。

・リゾートエリアやビジネスエリアに近い
・住環境が良い
・学校区が良い
・空港アクセスが良い

これらを鑑みると一つのエリアがターゲットに入りそうです。

その候補としては、ワイコロアビレッジです。

このワイコロアビレッジの近くにはワイコロアリゾートもあります。タウン内には、ショッピングモールや、ゴルフ場、住宅など、すべてが詰まったタウンです。
ワイコロアビレッジにも足を運んで主要な物件を一通り見てきました。凄い環境が静かですが利便性の高さを感じました。
住んでみたいと思える物件にも出会えました!ワイコロアリゾートに勤める人や空港関係者なども住んでます。そして住環境がとても良いので、賃貸需要は高そうなエリアです。

















ワイコロアビレッジ物件事例





ゴルフコースフロント物件が、なんと、$345,000で買えます。オアフ島なら2倍はしそうな内容です。

Price:$345,000
Bedrooms:2 Bathrooms:2
Interior Area:1,210 sqft
Year Built:1980
Fee Simple

節税対象としてハワイ島の物件を購入する場合、節税効果についても高いに超した事はありません。節税効果に直結するのが、事業損益の赤字で、それを作り出すのが、減価償却という名目上の経費です。これは建物割合から算出しますが、ハワイ島の物件はどうでしょう。

この物件の固定資産評価額をチェックしてみましょう。
固定資産評価合計(土地建物合計):$$280,600
Assessed Land Value:$29,300
Assessed Improvements Value:$200,700
建物比率:71.5%

経費に出来る部分が、71.5%もありますので、充分節税効果を受けられそうですね。
データをみてみると、80%を超える様な物件も多数見かけますので、投資額を下げても税効果は維持したいという方にはハワイ島という選択も充分候補に入れても良いのではないでしょうか?

しかし、税効果、そして投資効果を判断するには、維持コスト、賃貸需要、修繕リスクなど総合的に判断する必要がございますので、シミュレーション等については、お問い合わせ頂ければと存じます。

最新ハワイ不動産の検索なら!

希望条件を入力して最新ハワイ不動産をカンタン検索! ホノルル不動産協会のデータベースとリアルタイムでリンクした最新情報を完全網羅!
https://family-hawaii.net/

人気コンドミニアムワンクリック検索

人気物件を一覧からカンタン検索!
https://family-hawaii.net/mlssrh/?MLSCate=favcond

物件のお問い合わせは

ファミリーハワイリアルティ 東京オフィス セールスマーケティング 新井 ハワイオフィス 大久保
住所:東京都中央区銀座6−10-1 GINZA SIX11階
TEL:0120-268-288
様々なマーケティングデータに基づく情報提供が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせはこちら https://family-hawaii.net/contact/?E=S

個別相談会も随時開催中

http://family-hawaii.net/seminartop/

関連記事一覧