カウアイ島ハワイ島の不動産価格調査|2019年2月度を振り返る

オアフ島以外の不動産マーケットも押さえておきたい

オアフ島のマーケット動向については常に監視をしておりますが、オアフ島以外も押さえておきたいと思います。


メインで取り扱っているオアフ島の不動産事情については、ブログでもコメントした事がございますが、
最近のオアフ島は新築はまだまだ元気がある様なのですが、中古物件市場のマーケット動向は少し気になる所です。。。

米国にまつわる最近のニュースでは、直近のニュースでトランプ大統領が金利についてコメントしておりました。

日本経済新聞2019年4月5日記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43421190V00C19A4000000/
【ワシントン=河浪武史】
トランプ米大統領は5日、ホワイトハウスで記者団に「個人的には米連邦準備理事会(FRB)は利下げをすべきだと思う。FRBは(利上げで)米景気を大きく減速させた」と主張した。FRBは2019年に入って利上げを一時停止する方針を表明しているが、トランプ氏は金融緩和への転換を求めて中央銀行に圧力を強めている。
メキシコ国境の視察へカリフォルニア州に向かう前に記者団の質問に答えた。
トランプ氏は「インフレはほとんどみられない。政策金利を引き下げて(保有資産を圧縮する)量的引き締めも取りやめるべきだ」と強調した。利下げだけでなく「量的緩和にも動くべきだ」とも主張するなど、FRBの金融政策に介入する姿勢を強めている。

仮に、金利が本当に下がる様な事があれば、当然、不動産を「買い」に向かうロコの人や米国の投資家が増えるのでハワイのマーケットにも追い風になります。
また、金利が据え置きになる、しばらく上がらない、というニュースが今後、仮に出たとしてもマーケットは敏感に反応するので、こうした金利に関するニュースは是非とも押さえておきたい所です。

前置きが長くなりまして申し訳ございません。

カウアイ島・ハワイ島の不動産マーケット調査

それでは、カウアイ島の不動産マーケットデータから調べてみましょう!

戸建ての成約中間価格:$689,000
コンドミニアムの成約中間価格:$480,000

オアフ島に比べるとコンドミニアムについては、「高い」不動産マーケットプライスです。
情報元:Hawaii information Serviceより 2019/04/07現在

参考までにオアフ島の2月の状況をおさらいしておきます。

【参考】オアフ島2019年2月の不動産マーケット状況
戸建ての成約中間価格:$789,000
コンドミニアムの成約中間価格:$415,000

情報元:Hicentral MLS2019/04/07現在

続いて、ハワイ島の不動産マーケット状況をチェックしてみましょう

戸建ての成約中間価格:$382,000
コンドミニアムの成約中間価格:$380,000

戸建ての、取引中間価格は、オアフ島・カウアイ島に比べても価格は低いのが私的には意外でしたが、皆様はどう思われましたか?
(ハワイ島は、フアラライリゾートやワイコロアリゾート、その他、豪邸も沢山あるので、オアフ島とそれ程変わらないと思ってました。)

売買取引件数の差

ここで、この不動産マーケットデータを見ていくのに気をつけたいのが、オアフ島・ハワイ島・カウアイ島の不動産流通量と成約件数の違いです。

オアフ島は
戸建て成約件数:208件
コンドミニアム成約件数:321件

カウアイ島の成約件数をチェックしてみましょう。
戸建て成約件数:26件
コンドミニアム成約件数:21件

ハワイ島の場合は
戸建て成約件数:152件
コンドミニアム成約件数:55件

この様に、実は、売買「流通量には大きな違い」があるのです。

よって、不動産マーケット全体のデータだけみて判断してしまうのは間違った理解をしてしまう可能性があります。
こうしたマーケットデータはその内容を精査して補完してチェックしていく必要があると思います。

この不動産マーケットデータをみてみて気になったのは
ハワイ島の戸建ての流通量が、オアフ島に近い件数がありながら、その不動産マーケット価格がオアフ島に比べると「半値以下」という点です。

実際に契約になっている物件の数も多いのに不動産成約中間価格が「低い」という事は、オアフ島に比べると価格の安い物件が多いのが、ハワイ島とも言えます。

ハワイ島不動産視察してきました

実際に、当ブログ管理人はハワイ島の不動産視察をしてきました。
オアフ島の不動産と比べるてみると

同程度の広さ
同程度のクオリティ

の物件を比較で見てみましたが、
不動産価格はオアフ島の「半値」までは行かないにしろ、「2/3程度」でとても素敵な物件が沢山ありました。

例えば


こちらの物件は、コナの空港から車で20〜30分程度の場所にある、有名なリゾート地、「ワイコロアリゾート」に近い、ワイコロアビレッジという街の物件です。
このワイコロアビレッジは、ショッピングモールや、学校、ゴルフ場などあるかなり規模の大きいタウンです。
このエリアはまだまだ開発もどんどん進んでいて、戸建てはもちろん、マンションタイプや、木造のタウンハウスなど、物件の流通量も豊富なエリアです。





【ハワイ島物件事例】
築年:1989年
建物面積:1,157 sqft 107.6㎡
価格:$275,000
建物比率:86.4%
情報元:Hawaii Information Service 2019/04/08現在


このクラスをオアフ島のカネオヘ辺りで購入するとなると、55万ドル以上はしそうなスペックですよね。
ただ、ハワイ島はオアフ島と異なり、賃料相場や、固定資産税のレートの違いなどありますので、安いからいい!と簡単には判断してしまうのは早計です。

しかし、物件の持つスペックを見ると、

海外不動産による賃貸事業で、所得税の税効果を狙う様な方は、選択肢の一つとして入れても良い程のスペックを持っているのもハワイ島の不動産の魅力になりそうですね。
ハワイ島の物件をご検討される方も、取扱が可能ですので、是非お気軽にご相談頂ければと存じます。

ブログ管理人 新井朋也

ハワイ不動産検索アプリはこちらから

■iPhone  https://itunes.apple.com/jp/app/id1272182322
■Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appcapsule.ac3200286001

最新ハワイ不動産の検索なら!

希望条件を入力して最新ハワイ不動産をカンタン検索! ホノルル不動産協会のデータベースとリアルタイムでリンクした最新情報を完全網羅!
https://family-hawaii.net/

物件のお問い合わせは

ファミリーハワイリアルティ 
東京オフィス セールスマーケティング 新井 
ハワイオフィス 大久保あきら

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 11F
TEL:0120-268-288
様々なマーケティングデータに基づく情報提供が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせはこちら https://family-hawaii.net/contact/?E=S

個別相談会も随時開催中

https://family-hawaii.net/seminartop/#seminarbox-954

関連記事一覧