ロサンゼルス不動産はじめました

全米第2の都市ロサンゼルス不動産開始!



アロハ!
早速ですが、ロサンゼルス不動産の取扱を始めました。
実は管理人、この6月と8月、9月とロサンゼルス支店の開設の準備をしにロサンゼルスまで行き来してました。

私たちが市場調査をして、支店開設場所に選んだのはアーバインです

何故アーバインなのか?
については、話せば長くなりますが、もちろん根拠ありです。

新しいオフィスは19階にありますので、眺望がいい!



アーバインの開発状況などが一目で見渡せるのがポイントです!!
アーバインが拠点ですが、もちろんトーランス、ビバリーヒルズ、ハリウッド、サンタモニカなども取扱を行います。

ロサンゼルスの各種物件取扱い致します



アーバインから近い新興住宅地は、生活便、学校レベルなどが良いので住宅地として人気。
アーバインの新興住宅地の開発の特徴は、ただ単に住宅の開発というよりは、コミュニティの開発となり、住宅、学校、企業誘致、商業施設が計画的に配置され、綺麗!便利!素敵!という物件ばかりです。



また、アーバインはロサンゼルスのダウンタウンからは遠いので、ロケーションを重視される方は、トーランスも人気です。
トーランスエリアの物件の特徴は、どちらかというと敷地は狭めでギュウギュウに住宅が詰め込まれている印象がありますが、空港やダウンタウンに近い分、ベッドタウンとして住宅需要も多いのです。


また、ハリウッドエリアなどの高級物件も素敵な物件が多いです。このエリアになると、所謂マンションタイプのコンドミニアムなども選択肢に入ってきます。


もちろん、ビバリーヒルズは有名な住宅地ですが、このエリアは高級戸建てを中心にコンドミニアムなども探す事が出来ます。
写真はビバリーヒルズの住宅地からの風景ですが、高級住宅のオンパレードで目の保養になりました。

また、ロサンゼルスでは
1棟アパートが数多く売られているのは、ハワイと大きく異なる点です。

写真は6世帯ほどのアパートの例です。
区分所有や一軒家では、テナントが出てしまうと、一気に収入が無くなりますが、こうしたアパートならば収入がゼロになる心配は少なくなります。


価格帯的には、1億以上からエリアによっては探す事も出来ます。

ロサンゼルスの不動産マーケットに魅了

何度かロサンゼルスを訪れましたが、何よりも全米ナンバー2の都市という事で、広い!!
何億もするような物件の数も、もう数え切れない程、市場に出ていて、それが流動性も高いというのですから、バイヤーの数もハワイに比べて段違いに多いのです。

オーシャンフロント物件はハワイでは数も限られてますが、海岸線の長さからしてもう、その数も全然違います!
エリアによって変わる物件の魅力に、もう魅了されまくりです。

マーケットの規模がとにかくハワイと違うと感じます。

そりゃ当然で、オアフ島は約100万人も住んでいないのに、ロサンゼルス郡だけでも1000万人を超える人口を有しており、今回、支店開設したオレンジカウンティでも、360万人を超えた人口を誇る訳ですから、不動産マーケットとしての規模が違います。

シンプルイズベスト

不動産売買手続きについても、非常に洗練されており、お手続きや購入後の運営についてもシステマチックというか、ビジネスライクというか、非常にハワイ以上の透明感を感じました。
色々調べて見れば見るほど、ロサンゼルス不動産の魅力に嵌まっている管理人ではございますが、ロサンゼルス不動産についても情報発信をしていくつもりです。

しかしこのブログはハワイ不動産に関するブログですので、ロサンゼルスの情報は別のブログで展開する予定です。
わたくし管理人拘りのマーケット情報分析について、勉強会やセミナーでより詳細にお伝えするつもりですので、是非、ご興味ある方はお気軽に参加頂きたいと思います。

今後は
ハワイ不動産だけでなくロサンゼルス不動産についても是非宜しくお願い申し上げます!

マハロ