• HOME
  • blog
  • 売買お手続き
  • 米国大使館での公証手続きとは?|公証に行く前に用意すべき事と実際のお手続きの流れ

米国大使館での公証手続きとは?|公証に行く前に用意すべき事と実際のお手続きの流れ

公証手続きはハワイの不動産購入手続きには必須!

米国の不動産を購入し、登記手続きの前に必ず行うのが、DEED(譲渡書)と呼ばれる書類への公証手続き(ノータリー)です。
41142df50e47a91ac8d36f053631ac2a_m

公証手続きとは?

米国ハワイ州の不動産取引においては、所有権の移転登記や権利放棄などの重要な契約書類への署名が本人によってなされた事を証明する「公証手続き(Notarize)」が必要となります。米国では、その立証証明を州政府又は連邦政府によって許可されている公務員(公証人)が身近に存在しますが、日本で公証手続きを行う場合は、米国大使館や領事館、各地の公証人役場での手続きが必要となります。

http://japanese.japan.usembassy.gov/j/acs/tacsj-locations.html

公証手続きに必要なもの?

米国大使館での公証手続きにて必要なものは以下
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/acs/tacsj-notary.html

● 本人パスポート(身分証明のため)
● 公証が必要な英文書類(サインはしないでお持ち下さい)
● 公証費用(一箇所の公証につき50ドルです) ※円でのお支払いも可能です。
* 料金・取扱時間等は、念のため事前に直接ご確認ください。

どうしても米国大使館や領事館に行けない方は、東京・神奈川・大阪などの公証役場でもお手続きが可能です。
この場合は、「認証」というお手続きになります。それ以外の県の公証役場でもお手続きが出来ない訳ではありませんが、非常に時間が掛かりますので、出来れば、都市部の公証役場まで出向いた方が良いでしょう。
また、地方の公証役場の公証人によっては、予約や公証書類を事前にファックスを求められる事もありますので、前もって聞いておいた方が良いと思います。

【管理人おすすめの東京都内の公証役場】

霞ヶ関や京橋などの大きな公証役場は、予約が不要であり、また、米国向けの書類にも慣れているのか、スムーズに手続きが進みます。

※目黒公証役場は予約してから行くことをおすすめ

【管理人おすすめの大阪の公証役場】

梅田公証役場。私は、難波ではやった事が無いのですが、お客様から手こずった事を良く聞かれますので避けてます(苦笑

【管理人おすすめの神奈川の公証役場】

私は、関内尾上町の公証役場でしかやった事がありませんが、ファックスを事前に求められました。予約もした方が良いでしょう。

公証役場でのお手続きに必要なもの
・身分証明書 パスポートと免許証を持っていきましょう
・公証費用 11,500円(1通) 何通に手続きが必要かは担当エージェントに確認下さい
・公証が必要な書類 (サインはしないで持っていくこと)

備考:DEEDの表紙に、日付など手書きで入力する箇所があります。この記入を求められるケースと求められないケースがありますが、どちらでも今まで登記は出来ていたので、流れに合わせてやって頂いても大丈夫です。

アメリカ大使館での公証手続きに行く前にする事!

アメリカ大使館または領事館の公証手続きの予約はオンラインから出来ます。
突然行っても大使館の中には入れてくれませんのでご注意下さい!!
th_appliances_22_rika

東京のアメリカ大使館の予約はこちらから

https://evisaforms.state.gov/acs/default.asp?postcode=TKY&appcode=1

<備考>
※領事館によっては、電話やファックスでの受付となりますので事前に聞いておくと安心です。
※予約完了画面は必ず印刷をして持って行きましょう
※公証手続きは午前中のみしか対応して貰えません。

印刷予約画面を印刷して持っていかないと、アメリカ大使館のそばには、警官が立って警備していますので、近づくと止められて、何のご用ですか?と必ず聞かれます。
その際に、印刷画面を見せないと、通してくれないかも知れませんのでここは要注意です!

米国大使館はアメリカですので入場が厳しいです!

米国大使館に入館するには、荷物検査、X線検査を受けます。
携帯電話やUSB、パソコンなどの電子機器の持ち込みも出来ません。
※(現在は携帯電話の持ち込みが出来ます)

th_sp_8_rika

スマホにメモなどを残して置くと、入ってから大変焦ってしまう事になりますので、メモをで持ち込む様にしましょう。
(現在はスマホの持ち込みがOKです)

th_dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_m

また、当然、館内では携帯電話は使えませんので、万が一の事を考えて、公衆電話から外部に通話出来る様に小銭を持って行くとより安心です。

・大事な情報はメモで
・小銭を持って行くと安心

th_20ba936d39f56218b44e9629c0edba0c_m

一部持ち込めるものが変わりました

※2017年6月5日追記
先週、米国大使館に行きましたが、パソコンの持ち込みは以前からNGでしたが、今では、預けるのもNGという事になり、事前に近くのコインロッカーに預ける事が必要になっておりました。これは気をつけたい所です。反面、携帯電話の持ち込みが何故がOKになっていて、Wi-FiとBluetoothはNGですが、普通にネット検索なども出来てしまうので、うっかり電話番号メモ忘れた!というときには便利ですね。

受付で手荷物検査を行います

ビザの申請などの列と、公証手続き等の列は異なります。

公証手続きの列に進んで、受付の方がいらっしゃるテーブルで、まずは手荷物検査があります。
飲み物等は持ち込めません。ここでは携帯(スマホ)のブルートゥースをオフにします。
なかなか厳重です。これらの手続きを行うと、ようやく入るのですが、大使館への入り口の扉もかなり分厚い仕様で物々しい感じです。

ゲートにあるお部屋に入ると、次は、空港のゲートと同じく、手荷物をX線に流します。そしてゲートをくぐって、ようやく米国への入国です。

※ライター・アイコスなどの電子機器は、持って行けませんので、ここで預ける事になります。

ゲートを検査を終えると、またまた分厚いドアを開けて一旦外に出ます。
(アメリカ大使館の中庭に出れます)

アメリカ大使館のビルに入館

いよいよ、ここからアメリカ大使館のビルの中に入りますが、ここもビザ用、公証手続き用などに列が分かれてますので、列にそって入ります。
ここでもまた分厚い壁に阻まれたゲートが登場します。

ここでも再度、手荷物検査を受けてようやく、大使館への室内に入れます。

米国大使館入館後は左手に進みます

大使館内に入ると、日程や時間帯にもよりますが大きなホールに椅子が並べられて多くの人が座っているシーンを見られると思いますが、中央のホールは、主にビザ(VISA)のお手続きの方の待合室になります。
このエリアには、公衆電話なども設置されております。

公証手続きは、はいってすぐ左手の壁に沿って歩きます。
先には、窓口がずらっと並んで、いくつもの小さな椅子が並べられた一角の一番奥に受付がございます。

予約票の提出

ここでも、予約時に画面コピーをした用紙を受付に出します。
忘れてしまった場合でも別の用紙があるようですので、慌てず受付を済ませましょう。

予約票が無かった場合でも、受付が可能なのであれば、アメリカ大使館のそばにいる警官の方にも口頭で説明すれば入れるのかも知れませんが、怖いので試してません。。。

さて、予約票を提出したらしばらく前にある椅子で待ちます。
Mr.**** ***さーんと、何らかの声が窓口の中から声が掛かりますので、そちらの窓口に行きましょう。

窓口にて公証手続き

窓口にいくと、公証人がこの書類の中身について、理解されているかどうかを聞かれます。
このとき、公証人が米国人の場合と日本人の場合と、様々です。
英語で聞かれる事もありますが、簡単な英語で答えれば問題ございません。

そして、書類に実際に手書きのサインを入れます。

サインを終えると、公証手続きを行いますが、公証(ノータリー)費用を窓口で支払う様に言われます。
公証費用が何通分必要か書かれた小さな用紙を渡されます。その用紙をもって、少し入り口の方に戻った所に、法務局で印紙を買う様な感じの窓口がありその場で、それを提出し、費用を支払います。

すると支払った領収書の様な用紙を受け取りますので、それを先ほど公証した窓口の担当の方に渡します。

【支払い方法】
・クレジットカード、ドル、円(当日の為替レートにて)でのお支払いとなります。

DEED書類を受取り終了です

しばらくすると、声が掛かりますので、窓口にいき、公証(ノータリー)の終わった書類を受け取って終了です。

出口は元来たルートで戻れば出国です!

お疲れ様でした!

ハワイで賃貸事業を始めて行う方向き

ハワイで賃貸事業を行うには、納税者番号が必要です。
外国人の場合は、ITIN番号と呼ばれる番号です。

これは、米国のCPAの面談を受けて取得する場合などもありますが、米国大使館でパスポート認証を受けた後に申請をして、ITIN番号を取得するのが一般的です。よって、初めてハワイに不動産を取得して賃貸事業を行うには、このITIN番号が必要ですので、DEEDへの公証(ノータリー)をする際に一緒にこのパスポート認証をしてしまうのも効率的です。

マハロ!

ハワイ不動産検索アプリはこちらから

■iPhone  https://itunes.apple.com/jp/app/id1272182322
■Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appcapsule.ac3200286001

最新ハワイ不動産の検索なら!

希望条件を入力して最新ハワイ不動産をカンタン検索! ホノルル不動産協会のデータベースとリアルタイムでリンクした最新情報を完全網羅!
https://family-hawaii.net/

物件のお問い合わせは

ファミリーハワイリアルティ 
東京オフィス セールスマーケティング 新井 
ハワイオフィス 大久保あきら・ミエカン

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 11F
TEL:0120-268-288
様々なマーケティングデータに基づく情報提供が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせはこちら https://family-hawaii.net/contact/?E=S

個別相談会も随時開催中

http://family-hawaii.net/seminartop/

関連記事一覧