ハワイの不動産を買ったら保険に入りましょう

訴訟天国アメリカ!

ハワイ不動産を購入する際に必ず保険を掛けましょう。

保険についてはご購入時にご案内致します。
保険内容は、カバー範囲・オプションなど様々ございます。

意外に賃貸運用中に「トラブル」はあるので、加入と更新は忘れずに・・・

今回ご紹介するのは一般的な保険の例です。

オーナー保険はパッケージになっており、主要な補償内容は以下の通りです。

Coverage A (Building)
建物の火災保険です。壁材・床材(カーペット、タイル)、ユニットに作り付けられたもの(バスタブやキッチンキャビネット)は Coverage A の補償です。 補償限度額はお客様の希望で選択でき、この補償限度額(プラン1とプラン2)によって保険料が変わります。

Coverage C (Personal Property)
個人の所有物に対する保険で、ここではユニット内の家具調度品・家電・備品を保障します。 ホテルレンタルプログラムで提供された家具一式(ユニットに作り付けられていない、ベッドやソファ、テーブルなど) の損害はオーナー負担となり、取り替え購入の場合役立つ保障です。

Coverage D (Loss of use)
万一の火災や浸水などでユニットがレンタルに使用できなくなった際、 また改修に時間がかかり、家賃収入が減少した場合に適応されます。ホテルの定額収入プランが長期の損害で支払が停止した場合、この補償で収入補填ができます。

Coverage E (Personal Liability)
オーナー様の賠償責任保険です。万一ユニット内でゲストが怪我をした際の医療費以外の損害賠償、他のユニットに損害を与えた場合の保険です。訴訟の多いアメリカでは万一に備えるためのたいせつな保険です。訴訟にかかる弁護費用も含まれます。
(一般的な例として、所有ユニット内のパイプが故障や破裂をして、下層階のユニットに浸水しダメージを与えた場合などの修復費用の補償となります)

Coverage F (Medical Payments) は、第三者がユニット内で怪我や一部の病気(食中毒など)をした場合の医療費をカバーする保険です。オーナー保険にはパッケージで含まれています。

詳しくお聞きになりたい場合の連絡先
ショーン・イソノ 保険エージェント(日本語可)
ビジネス・インシュアランス・サービス
615 Piikoi Street, Suite 1901 Honolulu , HI 96814

火災保険だけでは心配



オアフ島には、台風(ハリケーン)がたまにやってきます。海抜の低い、ワイキキ周辺エリアは、特大ハリケーンなんて来たら浸水!なんてリスクが潜んでおります。しかしハリケーン保険は火災保険とは別途加入で、別証書となります。(任意加入)
とにかく安心したい!という方はこうした保険も入っておくと良いでしょう。

関連記事一覧