ワイキキのコートヤードバイマリオットは快適ホテルだった

コートヤードバイマリオットはワイキキの街の中心地

※記事再編集しました
pic

今回宿泊するのは、ワイキキのホテル、コートヤードバイマリオットです。
ワイキキ内にも数多くありますマリオット系のホテルで、免税店にも近く、飲食、買い物も問題無しの好立地です。

マリオットに早速チェックイン

ロケーションは、クヒオ通り面の交差点の角に建っているので、免税店の脇を歩いてクヒオ通りに出るとすぐにわかるホテルです。

ホテルの目の前には、ワイキキの人気コンドミニアムロイヤルクヒオがあります。

このマリオットホテルの周辺には免税店はもちろん、ABCストアや飲食店もすぐにアクセス出来るので好ロケーションと言えます。
pic
pic

ホテルのエントランスをくぐった先にある、ロビーフロアの天井は低いのですが、このフロアには、レストラン、バー、プール、くつろげる場所などがロビー周辺にあります。

pic

チェックインデスクは、受付する人が1名で、たまたま何人か重なっていたので、この日はかなり時間が掛かってしまいました。
2名以上でやってくれると有り難いのですが・・・

1階の共有施設をチェック

私は殆ど共有施設を使う事がないのですが、ファミリーやカップルで来られた方には重要な項目です。

アメニティは、エントランスの辺りには「パターゴルフ」があります。
ゴルフコースに出る前に軽くパッと練習?・・・という事も可能ですがスコアに関係するかは不明。
pic
pic

マリオットホテル内にはレストラン系も充実しております。私はこのカフェで朝食を買うのが滞在中の定番となってました。
この店舗ではフレッシュなジュースやコーヒーなど手軽が楽しめます。

pic

夜になると、ライトアップされたプールや緑を楽しみながらカウンターでアルコールを楽しんでいる外国の方を毎晩見かけました。

pic

ホテルのプールはお部屋から見てみましたが、お昼過ぎには陽が陰っていましたので、時間帯によっては寒いかも知れません。

pic

この他のホテル施設で地味ながらも便利と感じたのは、スナック菓子やカップラーメン、最低限の日用品などがロビーに揃ってた点です
長期滞在時には意外に便利かも知れません。

pic

ホテルのお部屋をチェック

今回のお部屋は、予算の関係で、一般的な宿泊費のお部屋をセレクトしました。

このお部屋はベッドが一つです。一人で泊まる分には十二分です。
pic

私は滞在先を決める際に重要している点は、ロケーションはもちろんですが、室内で仕事をする事が多いので、「デスク環境」です。
主にメールやプレゼン資料など、ホテルに居ながら作業がたまる一方で・・・
デスク周りの情報が事前にチェック出来れば良いのですが、なかなかオンライン予約時にはわからない事が多いので行ってみてからの賭けとなる事が多いです。
pic

コードヤードバイマリオットの場合はかなり環境は良いです。
これなら快適にパソコン作業に没頭出来そうです。

お部屋の設備

pic

コーヒーメーカーもついていて、コーヒーや紅茶など複数用意されてます。
毎日利用しましたが、これは請求されなかったです。

pic

しかし、

水は1本、4ドルと結構お高い・・・

クローゼットや金庫、アイロン台なども、清潔感を感じる状態ですので、合格。

pic

後は水廻りのチェックです。

水廻りをチェック

口コミでは、

シャワーしかなく、シャワーは薄暗くて

と、低い評価をされている方もいらっしゃいましたが



確かに、暗いです・・・

薄暗いという表現がまさにぴったりで、暗い中でシャワーを浴びるので何だかしっくり来ないですねぇ・・
この点は私も減点としました。

pic
pic

タオルなどのリネン類は清潔感は特に問題なく、
滞在中は毎日交換してくれました。

pic

トイレは、残念ながらウォシュレットではございません。。。

室内アメニティは、標準的なものが用意されていますが、歯ブラシやひげそりは付いてませんので、ご自身でご用意しましょう。

pic
pic

お部屋からの眺望チェック

最後に、眺望を紹介しますが、今回のお部屋は8階です。

ホテルのフロアプランは、海側と山側(シティ)に分かれてますが、海側と言っても流石に海まで数ブロック入り、周りにはビルも多く建っているので、オーシャンビューが楽しめるロケーションではございません。高層階に行ってもパーシャルオーシャンビューが楽しめる部屋があるのかどうか・・というロケーションです。

私が宿泊したのはクヒオ通りとは反対向きのお部屋でしたので、車などの騒音は感じられず終始快適でした。

pic

窓を開けると、小さいながらもラナイ(バルコニー)がついてます。
ラナイでゆっくり過ごすという感じではありませんが、涼しい時に、少しぼーっとする分には良いでしょう。

pic

お部屋の正面の景色は

pic

ビルです

pic
pic
pic

ビル街の景色しか見えないので、

「ハワイに来た」

という雰囲気は残念ながら味わうことは出来ませんでした。(私が利用した部屋からは)

コードヤードバイマリオットの宿泊費

私が利用した時期はゴールデンウィークの直前という時期でしたが、費用は一泊、200ドルを超える宿泊料金でした。
一人だと少々高いかも知れませんが、二人なら100ドル位なので、この内容であれば、まぁまぁ良いのではないかと思います。
私の個人的な感想では、弊社のワイキキオフィスに至近の為に、すぐにオフィスに行ける!というのは、非常に便利で快適でした。
これまでDFS周辺のホテルをいくつか利用して来ましたが、今の所は、コートヤードバイマリオットは、リピートしてみたいホテルの一つです。

皆様はいかがでしょうか?

マハロ

最新ハワイ不動産の検索なら!

希望条件を入力して最新ハワイ不動産をカンタン検索! ホノルル不動産協会のデータベースとリアルタイムでリンクした最新情報を完全網羅!
https://family-hawaii.net/

人気コンドミニアムワンクリック検索

ハワイの人気物件を一覧からカンタン検索
https://family-hawaii.net/mlssrh/?MLSCate=favcond

物件のお問い合わせは

ファミリーハワイリアルティ 東京オフィス セールスマーケティング 新井 ハワイオフィス 大久保
住所:東京都中央区銀座6−10-1 GINZA SIX11階
TEL:0120-268-288
様々なマーケティングデータに基づく情報提供が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせはこちら https://family-hawaii.net/contact/?E=S

個別相談会も随時開催中

http://family-hawaii.net/seminartop/

関連記事一覧